グリーンスムージー豆乳の効果!ダイエットや生活習慣病の予防にグリーンスムージー 豆乳 効果

豆乳効果!飲み方・飲む時間をご紹介!効能別の詳細はこちら
menu
トップページ - 豆乳食品の効果効能 - グリーンスムージー豆乳の効果!ダイエットや生活習慣病の予防に

グリーンスムージー豆乳の効果!ダイエットや生活習慣病の予防に

近頃人気のスムージー、その中でもグリーンスムージーと言えば、緑の野菜と果物と水を加えた飲み物で、便秘、ダイエットや生活習慣病の予防にもつながるものです。
 
一般に言われているスムージーは、シャーベット状にした果物を牛乳に加えたりもしますが、グリーンスムージーは、生野菜を使ったフレッシュなジュースになります。
 
美容の効果を得るために飲みたいという方も多いですので、野菜やフルーツと合わせるのは水がベストだと言えます。
 
そうとはいえ、家庭で簡単に楽しめるスムージーですので、ぜひ豆乳ともあわせて、オリジナルのグリーンスムージーが作れるといいですね。
 
その際には、緑の野菜、例えばほうれん草、小松菜などと一緒にフルーツを加えるのがおすすめです。
 
フルーツを加えることで、程よい甘みが加わり、とても飲みやすくなります。
 
ただし、腸内環境をよくするためにグリーンスムージーを飲む場合は、かぼちゃや、にんじんというでんぷんを含んだ野菜は避けた方が良いと言えます。
 
「フルーツと合わせると、よりおいしくなるだろう」と思い豆乳にあわせてしまいそうになりますが、でんぷん質の野菜との組み合わせは、腸内にガスがたまりやすくなります。
 
腸内にガスがたまるということは、病気のもとにもなる悪玉菌が活発に働いてしまうことになり、その結果腸の動きが悪くなり、便秘が起こることも考えられます。
 
豆乳は便秘を予防できる効果もあるので、できればそのようなことは避けたい、ということで野菜選びはきをつけるといいですね。
 
また、豆類もでんぷんを含むので避けた方がいいといわれることがありますが、他の豆類と違い、大豆にはでんぷんは含まれません。
 
グリーンスムージーに豆乳を足したとしても、腸内環境を悪くすることはありません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク