バナナ豆乳の効果:ダイエットの強い味方!痩せ効果に期待大!!バナナ 豆乳 効果

豆乳効果!飲み方・飲む時間をご紹介!効能別の詳細はこちら
menu
トップページ - 豆乳食品の効果効能 - バナナ豆乳の効果:ダイエットの強い味方!痩せ効果に期待大!!

バナナ豆乳の効果:ダイエットの強い味方!痩せ効果に期待大!!

バナナは、1本あたりお茶碗のご飯半分ほどのカロリーしかない上、お腹を満たすこともできるフルーツなので、朝食にピッタリで、バナナダイエットでも人気です。
 
ダイエット中には栄養バランスの偏りにより、便秘や肌荒れも気になるところですが、バナナに含まれるビタミン、ミネラル、食物繊維など、豊富な栄養によってバランスよく摂取することが可能になります。
 
豆乳の成分大豆ペプチドには、体内の脂肪を燃やすよう働く作用が期待でき、大豆イソフラボンもそのたんぱく質の働きを強める効果があります。
 
このように、バナナと豆乳の組み合わせで、最も期待できるのは、ダイエット効果になり、ミキサーでフルーツジュースにしたり、バナナを凍らせて豆乳に混ぜスムージーにすることで、体質を太りにくくすることができます。
 
バナナは、黄色や熟した茶色のものによって、栄養成分も少し異なったり、凍らせることで普通のバナナよりアップさせる栄養成分もありますのでチェックすると役に立ちます。
 
まず、黄色いバナナは体を老化に導く、活性酸素を排除する抗酸化作用のあるポリフェノールをたっぷりと含んでいます。
 
バナナに含まれるポリフェノールは空気と触れ合う時間が少ない方がいいため、すぐに豆乳を使ってジュースにすると効果を減らすことなく栄養を摂ることができます。
 
また、この成分は冷凍をすることで、パワーアップさせることができるので、ぜひ豆乳スムージーでも利用したいものになります。
 
茶色くなったバナナは、体内の免疫力を高める効果があり加熱をしても変わりはなく、胃潰瘍にも効果を表すことになります。
 
そのままで食べるのは気が引けるということであれば、豆乳と完熟バナナを使った焼き菓子を作っても良いですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク